こりらんの日記

このブログは、書きたいことを自由気ままに書くブログです。

今日のこりらん

以前から気になってたものの、左耳の下の所にイボがあり、それを取る為の手術をしました。

 

取るまでは怖くって、悪い方ばかり考えてた。

 

怖いよ~!怖いよ~~~っ!!(><)

 

大の大人が何言ってるんだ!四宮春樹に言われそうだが(それはない。)手術なんて、例え小さなものであっても、大袈裟に思ってしまいます。

もっと痛くて怖い想いしてる方々からすれば、大したことない。

しかし、タダでさえ、痛いの嫌い!痛いの怖い…(><)私には、15分位の手術でも長く感じてしまいました。

 

手術じゃないが、20代後半の時、200mlの献血した事あるが、やっぱり痛い想いと、貧血があり、それ以来献血は出来ない。

本当はやればいいのだが…

 

女性の場合、結婚して出産し、子供や家族具合悪くなれば、すぐ病院に連れて行ったり看病や介護したりするが、自分自身はどんなに体調悪くても我慢して、病院には「お金と時間勿体ないから行かない…」と言って、市販の薬で治したりしかしないのだが、本当はちょっとでも悪ければ、病院に行った方がいい。

特に40代以上なれば、尚更。

何処か身体に異常あったら、薬で誤魔化さず、信頼出来る病院に行って診てもらい、それに合った薬飲むのがいい。

後は、ほんの少しの時間休めるのなら、何もしないで休むのがいい。

 

コウノドリ第3話見たが、人は無理すればする程、身体も心もおかしくなる。特に女性は、あれこれ何でもやらなければならないから、本当に無理をします。

私もそうでした。なので、彼女の様に、子育ても家事も仕事も全て完璧にやってたら、体調崩してしまい、2人目を流産してしまいました。そして、身体と心のバランス崩れてしまい、自分1人だと、何考えてるのかわからなくなりました。なので、他人事とは思えない。何しでかすかわからなくなります。

 

人様からの余計な一言だけで、イラついたり、落ち込んだりします。

タダでさえデリケートな時期なので、周囲の方々は、もっと理解して欲しい。

そして、1人で全ては出来ません。

誰かに助けて貰ったりすることも大切です。

幸い、私はそういう方々がいたので、今に至ります。

 

こういう事は書きたくなかったが、第3話のコウノドリ見て思い出したので書きました。多少のネタバレあり。

 

これからは

 

もっと自分自身を大切にしよう!!!

 

自分自身を大切に出来ると、本当に人様も大切に出来るのだと、私は思います。

 

オマケ

 

前書いた、四宮春樹の一言載せておきます。

 

四宮春樹の一言 - こりらんの日記